2012/6/5

よくあるご質問【経営課題編】

いつでもお気軽にご質問ください!

Q. 改善して省人化し、工数低減したが経営の成果として出てこない。

A. 省人化したら外注を内製化して、外注費の削減やその外注の仕事を取り込む、もしくは新たな受注を獲得することにより生産高を上げないと効果が出ません。

Q. 年間を通して生産が安定せず、繁忙期・閑散期があり、ある期間は在庫過多で残業が発生しある期間は定時割れとなる状況で平準化生産はできないか。

A. 平準化生産を行うためには、得意先の受注が確定している事が前提であり、見込みで計画を組む事は大きなリスクがある。見込みで生産可能なら、閑散期に持たなければならない在庫金額と繁忙期に関わる労務費等の比較でどちらがメリットがあるか検証して決定すべきです。

Q. 生産の変動に応じて派遣社員などの採用でまかなっているが、適正な人員が分からず製造の要望どおりに採用していいものなのか。

A. 生産管理をする部署が、製造の実力(実績工数)を把握し、計画に対し必要人員を採用すべきです。それには製造各部署が日報・月報を精度良く日々管理し、精度の高い情報を生産管理部署に提供することが必要です。

ホームへ先頭へ前へ戻る