2019/1/8

ものづくりの基本は、人づくりにあり!
ものづくりの基本は、人づくりにあり!

現場監督者のための人づくり講座

現場監督経験者が伝授する! ~ものづくり現場が強くなる現場監督者の育成~

-人材育成のお悩み解決!監督者のための人づくり講座-

※本年度の募集は終了いたしました。来年度開催までお待ちください。

ねらい

ものづくりカイゼン道場(監督者編)
ものづくりカイゼン道場(監督者編)

ものづくり現場における監督者の役割は、ますます重要度を増しています。しかしながら、永年現場を支えてきたベテラン層が現役を退き、ものづくりの競争力を維持していくには、技能継承が引き続きの課題になっています。
ものづくり現場の品質、原価、納期、安全、モラールにおいて成果を出し、経営者層の考えを、現場にて具現化するには改善マインド、ものづくりに必要な知識、ものづくりの現場で求められる行動姿勢、現場をまとめるリーダーシップ、コミュニケーションなどが幅広く求められます。
本講座では、全カリキュラムを有機的に結び付け、現場の監督者にふさわしい知識・技能・態度の育成を目指します。

開催期間・お申込み

※本年度の募集は終了いたしました。来年度開催までお待ちください。

回次 期間 延べ日数・時間数
第14回 2019年6月7日(金)~12月6日(金) 会合によって異なります。
※1日9:00~17:00が基本
延べ17日間・計99.5時間

受講対象者

★現場の監督者として活躍を期待されている方
★監督者に求められる能力を総合的に習得する必要のある方 

受講対象企業

人材育成に強い意欲をもって取り組んでいる(取り組もうとしている)中小企業

受講条件

・全日程の受講が可能なこと
・本人が自分自身の仕事能力開発に向けて今回の受講を
 積極的に活用する意志を持っていること
・経営者が本人の成長を強く期待さていること
・学んだことを実際に活かそうとされること
・安全への配慮など、講座運営にご協力いただけること

※少人数でのチーム学習が主体の講座です。一人の行動が他の参加者に及ぼす影響が甚大であることをご理解ください。

カリキュラム

科目名 研修内容 進め方
3現実践力強化合宿
(歩行ラリー研修)
歩行ラリーを通して、PDCAのマネジメントサイクルや3現(現地・現物・現認)の重要性への気づきを促す。 1泊2日
ものづくり特講 <第1会合>
 監督者に期待される役割、安全、5S
<第2会合>
 QC的な考え方と問題解決のステップ
<第3会合>
 作業を標準化する必要性
<第4会合>
 作業の教え方
<第5会合>
 改善活動によるムダの徹底排除
<第6会合>
 学習成果をまとめる
1日×5会合



2日×1会合
改善事例見学会 改善活動の進んでいる企業を訪問し、自社での取り組みの参考にする。 午後半日
×2会合
ものづくり人材
コミュニケーション
講座
<第1会合>
 現場で必要なコミュニケーションの基本
<第2会合>
 まわりの人との関係をよくするコツ
<第3会合>
 自分の考えを上手く伝え、行動して貰うコツ
1日×3会合
個別面談 自身の役割について第三者に語ることで、自身の課題等を客観的に見つめ直す。 1時間程度
学習成果発表会 延べ17日間を振り返り、今後のアクションプランを発表 午後半日

◎カリキュラム・スケジュールの詳細は、次のPDFをご覧ください

定員

12名(お申込み先着順)

参加費用

¥350,000円/人(消費税別)
会場での食事代、宿泊費などの諸経費を含みます。
※その他、会場までの交通費等は、実費ご負担いただきます。
※セミナー開講月に請求書を送付いたします。到着後すみやかにお振込ください。

その他

参加申込書を受付後、「調査シート」のご提出をお願いいたします。
※「調査シート」は受講確定後別途ご案内差し上げます。

各種お問合せ先

担当 ものづくり総合研究所(TSS)
ものづくり人財セミナー事務局
(担当:森崎、新間、大山)
TEL 0566-24-8694
FAX 0566-24-4528

※講座受講に際し、こちらの内容をよくお読みになり、同意の上、お申込み下さい。

ホームへ先頭へ前へ戻る