2012/6/12

ひとつの部門の成果が会社全体へと波及する

【製造部門・事務部門・開発部門】部署を問わないTSSのコンサルティング

全現場に共通するノウハウを伝授
コンサルティングによってひとつの部門で大きな成果が上がっても、それが会社の業績に直結するとは限りません。
逆に事業のバランスが崩れ、業績全体が鈍化する恐れがあります。会社全体で成果を上げるためには、各部門の成長と共に部門間での連携改善が必要不可欠です。

すでに製造部門へTSSを導入し、成果を上げていた企業の社長様から「会社全体の業績をより良くするには、どうしたらいいか」という相談を受けました。
そこで、TSSのコンサルは製造現場だけではなく、他の部署にも十分効果があることをお伝えしました。方針管理や整理整頓、在庫管理など、全ての現場に共通する業務のノウハウまで伝授するからです。

会社全体の業務や連携がレベルアップ
手始めに事務部門へ導入していただいたところ、お客様の想像を超える成果を上げることができました。
TSSの効果が部門を問わず発揮されることを実感されたこの企業は、次に開発部門への導入も決定していただきました。

ひとつの部門に留まらないTSSの導入が、会社全体の業務や連携のレベルアップにつながる。現場改善に貢献すること、その成果がでる喜びは、私たちの誇りです。

部門から部門へ広がるTSSの効果
部門から部門へ広がるTSSの効果

ホームへ先頭へ前へ戻る